派遣会社の登録会の流れ

派遣社員として働いたときのこと

私は、以前派遣会社に登録し、ある企業の開発の現場で派遣社員として働いておりました。派遣社員であるということから、いろいろな測定のお手伝いをさせていただくのですが、はじめの内はいろいろと教わりながら、その教わった内容に基づいて作業をこなしていく仕事でした。そしてある程度できるようになると、正社員の方は付かずに、私一人で対応しておりました。そして測定をする日々が毎日続くのです。もちろん、派遣社員であることを認識していたので、正社員の方の言われることは絶対服従です。ただ、仕事をこなしていく中で、もう少し効率よく測定する方法などもあり、提案できるような雰囲気ではありませんでした。そのため、時間を無駄にかけてしなうようなことも多々あったのです。また、正社員の方は一週間にある曜日だけ定時退社と言う日がありました。そのため、定時退社のときは17時過ぎにならと皆さん帰られます。しかし、派遣社員は定時退社とかは関係ないため、ひたすら測定をし続けるのです。そういった定時退社の日は必ず、仕事量が多いのが決まっておりました。理由は、次の日にデータをすべてそろえて欲しいと言う正社員の方の要求からです。私たち派遣社員は、派遣でいっている以上、従うのみなのですが、やはり、定時退社だからといって、正社員の方皆さんがいなくなり、派遣社員だけ残って仕事することに対しては違和感がありました。